広告事業

Advertising Bussiness

取りたいコミュニケーションを通してお客様の「想い」を形にします

完納率100%Vitalizeが大事にしていること

バランスを考えた広告運用

ベンダー毎に発注を行なった結果、CPAに捉われすぎてCV数が減ってしまったりCV数に捉われすぎてCPAの数値が想定以下になったお客様は多いと思います。

両方の数値を見ながら各ベンダーのコントロールをする事はコミュニケーションコストが多くかかります。

VitalizeではCPA、CVの状況を見ながら適切な予算管理をワンストップで行う事が可能です。

ワンストップによる低コストのコミュニケーション

広告事業だけでなくシステム事業も行なっている弊社の強み。

ビジネス要件からシステム要件(セキュリティ要件など)への落とし込みも含めて、ワンストップ一気通貫で行う事ができるので、お客様は都度エンジニアに確認する事なく迅速にプロジェクトを進める事が可能です。

明確なスケジューリング

ビジネスの場ではその会話の流れで「何となく決まる」といった場面が少なくありません。

システム会社が母体のVitalizeでは「何となく」をスケジューリングに落とし込み、丁寧かつ納得のいくコミュニケーションで広告を開始する事が可能です。