地方創生

Regional Revitalization

地方創生で
少子化を止める

地方創生にかける想い

日本の少子化は加速の一途を辿っています。
若者の経済的な不安定さや、仕事と子育ての両立の難しさ、子育て中の孤立感や負担感等、様々な要因が絡み合っています。

私たちは若い世代が住み続けたいと思える「まちづくり」という視点から、地方創生を通して少子化対策に取り組んでいます。
離島・山間部等、様々なケースにおいて、それぞれの問題と向き合いながら、行動指針である「率先垂範、利他貢献」を掲げ挑戦していきたいと考えています。

どうやって?

  • 事業開発

    私たちの強みである技術力・事業創造力を活かし、地域にあった事業を展開していきます。
    現地と一体となって事業の創出を行い、地域の活性化を通してまちの魅力の向上を目指します。
  • 雇用創出

    私たちは、I ターン、U ターンを促すためにも、現地での雇用を大切にしています。
    安定した雇用で居場所や役割を得ることで、若者が少しでも家族を持ちたいという意欲や希望を持てる状況を作りたいと考えています。
  • 地域との交流

    地方でも場所によって課題は違うため、私たちは地域コミュニティとの関わりを大切にしています。
    町内会等の団体だけでなく、同世代同士のつながり、趣味などのサークル等を含め、旧来のものを継承するだけでなく、更に発展させていくことが重要だと考えています。

活動状況

設立から3年で3つの支社

宮崎支社 2019年10月01日 設立

Vitalizeには宮崎県に故郷をもつメンバーも多く、代表である道畑がリブセンス在籍時に、宮崎オフィスの立ち上げを一から行った縁もあり、初めて支社を立ち上げる場所として宮崎を選びました。

宮崎市内にオフィスを構え、宮崎でも東京と同じ環境や賃金で未経験からエンジニアになれる環境作りを目指し、雇用や教育を進めています。

2020年2月には宮崎県立地企業の認定を取得し、現在は開発業務を行いながら、宮崎市内だけでなく地方自治体との連携を取り、タブレット教育やプログラム教育の支援を進めています。

喜界支社 2020年01月24日 設立

離島×地方創生を考える中で喜界町を視察した際、美しい景色や豊富な食材、島民の方々のホスピタリティに惚れ込み、喜界町に支社設立を決める。

支社開設後、自治体やサークル等との交流の中でHPの作成や改修のお話を頂き、少しづつ信頼を重ねています。

2020年3月に喜界町立地協定を取得。

2020年9月には、Vitalizeのエンジニアが喜界町の議員に当選し、エンジニアとして、また議員として島の活性化に勤めています。

小海支社 2021年03月22日 設立

役員の1人が第二の故郷として思い入れある長野県内を視察していたところ、行政の抱える悩みとVitalizeの思いがマッチし、長野県小海町でVitalizeとしては初の山間部の拠点を立ち上げることとなりました。

2021年3月に長野県ICT産業立地企業認定。

現在は開発業務を行いながら、50年で人口半減という深刻な問題を抱える町と協力して地方でも若い女性が働ける環境を整備すべく日々活動中です。

今後の展望

地方支社を設立して約一年が経ち、これまで現地の人材の雇用や各地方自治体との交流を進めてきました。

元プロサッカー選手によるサッカーを通した地方創生や、メンバー初の地方議員誕生、教育の支援事業などまだ小さい活動ではありますが、率先してチャレンジしています。

引き続き事業と雇用の創出しながらまちの活性化に尽力し、今後は出会いの場の創出や子育て世代が住みやすいまちづくりなど、様々な角度から少子化対策にチャレンジしていきたいと考えています。